2020年4月23日、AIに関する面白い勉強会がオンライン開催されます。参加無料です。

コンビニ実データを用いたAI開発体験

コンビニエンスストアからご提供いただいた実データを使いながら一般物体認識AIの開発を体験できる、という内容です。

現在、コンビニエンスストアでは2000種類以上の商品を扱っているといわれています。Amazon Goのような無人店舗を実現するには、多数の商品の中から、商品ひとつひとつを自動判別し、会計できるようなAIが必要となります。

まだまだ日本語では情報が少ないTensorFlow Liteを使って、ラボ内を巡回するロボットのカメラに映った映像を解析し、物体を認識できるようにすることが今回のゴールとなります。

この技術は、農作物の等級判別やパン屋さんの自動会計レジ、工場の不良品検品システム、自動運転の交通標識認識システムなど、現実世界で既に使われている技術と同ジャンルのものです。

今はまだ知識がない、という方でも参加できます。将来AIを使って生活を豊かにしたい、仕事を楽にしたいと思っている方は、この勉強会で実際に体験してみましょう!

■Facebookグループに参加しよう!
勉強会の様子

XSHELL社勉強会の最新情報やテクノロジー教育に関する様々な情報交換を行っています。合わせてご登録お願いします!
https://www.facebook.com/groups/isaaxug/

■参加方法と参加枠について

参加するにはconnpassからお申込みお願いします。

当日、ハンズオンの内容はYouTubeライブで配信いたします。配信開始の通知を受け取るために、事前に必ずYouTubeチャンネル登録をお願いします。

見学のみの勉強会参加も可能です。見学のみの方も登録お願いいたします。

■勉強会概要

開催日:

 4月23日(木) 16時〜オンライン

参加費:無料

当日タイムテーブル:

 16:00     勉強会スタート・ライブ配信開始
 
16:05     コンビニに関するお話(山本さん)
 
16:15     ハンズオン(XSHELL杉田さん)
 
17:45     Q&A
 18:00     配信終了

参加申し込み:connpassよりお申し込みお願いします

■登壇者プロフィール

山本 達也
IoT/Cloud エンジニア

杉田 知至 @tomotomobile 株式会社XSHELL 取締役 Chief Product Officer 技術が大好き。IT系勉強会での登壇経験多数。
著書「エンジニアのためのWordPress開発入門」

■XSHELL社について

テクノロジー教育特化スタートアップ株式会社XSHELL(エクシェル)は、「知的好奇心にあふれる毎日をつくりだす」ことを目的とした技術オタク集団で、オフィスはベンチャーがひしめく五反田バレーのど真ん中に位置しています。

社名は、攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)に由来しています。

isaax(アイザックス)はXSHELL社が提供するテクノロジー教育サービス名です。

勉強会への参加、お待ちしております。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です