DeOldfyは深層学習の中でもホットな分野であるGAN(敵対的生成ネットワーク)を用いて白黒画像や動画に着色をすることができるAIのモデルです。

どんなことができるのか?

まずはこちらの動画を御覧ください。

今回はDeOldfyをcolab上で実行していきましょう!

やり方のカイセツ

まずはhttps://github.com/jantic/DeOldifyのページにアクセスします。

スクロールダウンしてOpen in colabからGoole Colabのノートブックを開きましょう。

セルを実行する

DeOldfyはメンテンスが行き届いているので、基本的に上から順番にセルを実行するだけで順調に進みます。必要パッケージのインストールやgit cloneが終わったらColorize!!に進みます。

インターフェースも親切になっており、source_urlのところにYoutubeの動画リンクなどを入力して実行するだけでカラライズの処理が実行されます。参考動画ではこちらのラ・シオタ駅への列車の到着」を実行しています。

着色完了

実行が終わると処理が自動着色された動画がmp4フォーマットで出力されます。

1940年チャールズ・チャップリンの「独裁者」のワンシーン

このように簡単に古い動画や画像を自動着色できるので是非試してみましょう。

ディープラーニングをもっと学びたい

ツクレルの「作って学ぶ人工知能」なら、ディープラーニングを学習するのに必要な機材と教材が毎月自宅に届き、自分のペースで学ぶことができます。

つまずいたときにはオンラインで質問できるサポートが充実しているので、プログラミング初級者の方でもディープラーニングの開発を学ぶことができます。

詳しくはこちらを見てみましょう。


4件のコメント

Fukui · 2020年7月14日 4:13 午後

記事ありがとうございます。動画も含めとても勉強になりました。
同じ手順でやってみたのですが、出力される動画はどこから参照できるのかおしえていただけないでしょうか。
「Video created here: video/result/video.mp4」
と表示されるものの、どこから参照すれば良いのかがわかっていない状態です…

    瀬戸山七海 · 2020年7月14日 8:42 午後

    コメントありがとうございます!
    動画の参照(DL)方法ですが、左側の「ファイル」から/content/DeOldify/video/result/video.mp4というファイル階層で新しく生成された動画を参照、DLして頂けます!
    もし可能でしたら、ぜひFaceBookグループに参加して頂いて、そちでご質問頂けるとよりクイックに返信できるので、そちらの方がありがたいです!
    どうぞ引き続き宜しくお願いいたします!

      Fukui · 2020年7月16日 10:48 午前

      コメントにご返信いただきありがとうございます!
      教えていただいた方法でDLできました!カラー動画を見て感動です。
      いろいろ探ってみたものの、方法が全く分からなく途方に暮れていたところでしたので、とても助かりました!
      FaceBookのグループがあるのですね。教えていただきありがとうございます。
      参加させていただきます。
      この度はありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
      重ねて記事と動画ありがとうございます!

Google Colaboratoryで試せる面白い機械学習プロジェクト6選 – ツクレル · 2020年6月12日 3:10 午後

[…] 動画着色の方法についての記事はこちらです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です