A3RTを使って日本語チャットボットを実装する

投稿者: 瀬戸山七海 投稿日:

今回はGoolgle ColaboratoryとA3RTを使った日本語AIチャットボットの開発の仕方を解説します。Google ColabとAPIを利用することで5分程度実装が行えます。

まずはリクルート社が提供しているA3RTのAPIを利用するために下記のリンクからメールアドレスを登録して、APIキーを取得します。

A3RT

具体的な手順としては下記のようになります。

1.メールアドレスの登録
2.メールアドレスの認証
3.メールアドレスに送られてくるAPIキーの取得です。

APIキーが発行されると下図のようにメールアドレスにAPIキーが送られきます。この際空白部分などをコピーしないように注意しましょう。

APIキーの取得

次にGoogle Colabのメニューバーのファイルからノートブックを新規作成を選択して新しいノートブックを開きます。

新しいノートブック(Untitled.ipynb)が開けたら右上の接続ボタンを押して、ノートブックをクラウドに接続します。

接続が完了したら、一番上のセルに下記のコードをコピー&ペーストします。Google ColabではPythonの標準ライブラリよりも多くパッケージが事前インストールされており、今回はパッケージのインストールは必要ありません。

import requests

def talk_api(message):
    apikey = "ここにAPIキーを入れる"  #@param {type:"string",title:"キー入力"}
    talk_url = "https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/talk/v1/smalltalk"

    payload = {"apikey": apikey, "query": message}
    response = requests.post(talk_url, data=payload)

    try:
        return response.json()["results"][0]["reply"]
    except:
        print(response.json())
        return "ごめんなさい。もう一度教えて下さい。"

def main():
     while(True):
         print("自分:", end="")
         message = input()
         print("BOT:" + talk_api(message))

if __name__ == "__main__":
     main()

実際にコードを貼り付けると下図のようになります。

次に右上の入力フォームに、先程取得したAPIキーを入力しましょう。

APIの入力が完了したら、セル左上の実行ボタン(三角のボタン)を押したらプロセスが始まり、AIチャットボットとの対話が始まります。

実行後に出現する下の入力フォームにメッセージを入れて実行エンターキーで実行してみましょう。

「こんにちは」とメッセージを投げかけて、相手からも「こんにちは」と返信が来たら無事にプログラムが動いているので、成功となります。
以上のような方法で約5分程度でチャットボットサービスのモックアップを作ることができます。

もっと詳しくAI・人口知能の仕組みや原理を知りたい方にはツクレルの作って学ぶ人工知能やAI見守りカメラコースがオススメです!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です