2020年12月4日(金)、Raspberry Pi OSの最新版リリースのアナウンスがありました。

Raspberry Pi財団のツイッターアカウントで発表されてた!

Raspberry Pi Blogの記事を読んでみたところ、いくつか目玉となるアップデートがありましたので要点だけ1分で分かるようにまとめました

詳しくは原文の記事 (英語) を読んでください。

注目のアップデート内容4つ

開発者向けのリリースノートには22個のアップデートがありましたが、先に紹介したBlog記事を読んで筆者が選んだ4つだけ紹介します。

Chromiumがversion 84にアップデート

YouTubeの高品質動画が再生できるようになったほか、Google Meet、Microsoft Teams、Zoomなどのビデオ会議ツールで多くのテストと調整を行ったそうです。動画の環境が改善されたのは嬉しいですね。

プリンターの設定が追加

今までのRaspberry Piでプリンターを使うには別途CUPSというパッケージをインストールしなければいけませんでしたが、今回からデフォルトで印刷ができるようになりました!

筆者も試してみましたが、難しい設定することなくネットワーク上のプリンタが表示されてそのまま印刷することが出来ました。

オーディオ管理がPulseAudioに変更

PulseAudioを使うことで、Raspberry Piのオーディオ環境が格段に改善されました。Blogの内容によると、以前のRaspberry PiではYouTubeをHDMIで再生中に他の動画を流すと音声が聞こえなかったが、そういったややこしい悩みから解放されるとのことです。また、BluetoothイヤフォンやBluetoothスピーカーへの接続が格段に簡単になるとのこと。

筆者は未検証ですが、是非試してみたいですね!

BluetoothヘッドセットでZoom会議をする、など普通の使い方が普通にできるようになるみたいなので、実際に試した方はぜひ感想をお聞かせください。

raspi-configのメニューが変更

CLIが大好きな開発者諸君は注目です。raspi-configのメニューが、GUIの「Raspberry Piの設定」画面とほぼ同じ構成になりました。詳しくは以下の比較画像をご覧ください。

以前のraspi-configのメニュー
Raspberry Pi OS 2020-12-02のraspi-configのメニュー
GUIの設定とほぼ同じメニュー構成だ

最新のRaspberry Pi OSへのアップデート方法

一番簡単な方法はダウンロードページからZIPファイルをダウンロードして、Raspberry Pi ImagerでSDカードに書き込むこと。

詳しいやり方はこちらの記事を見てください。

他には、ターミナルで以下のコマンドを実行することでもアップデート出来ます。

sudo apt update
sudo apt full-upgrade

PulseAudioのBluetoothサポートを有効にするには、以下のコマンドも実行します。

sudo apt purge bluealsa
sudo apt install pulseaudio-module-bluetooth

Raspberry Piが益々パソコンに近づいている

Raspberry Piが本気でパソコンとしての地位を目指している、ということを筆者は今回のアップデートから感じました。学校や仕事で使うPCがRaspberry Piになる日もそう遠くないのかもしれません。

その他にも、アップデート内容がありますので、正確で詳しい情報はRaspberry Pi公式の英語記事をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です