どうも、みなさん、こんにちは。T・K生(新)です。

 前回はラズベリーパイ3にUbuntu MATEに32Bit OSを何とか入れた話を書きました。

 今回は後日談というかUbuntu MATEをインストールした後にアップグレードに挑戦したら地獄モードだった話を書きたいと思います。

 ラズベリーパイ3のスペックでは残念ながらUbuntu MATEは積極的にインターネットに接続して動かせるレベルには達していないことを私自身も体験していました。

 前回はラズベリーパイ3に64Bit版のUbuntu MATEをインストールしたら重すぎてNGだったので32BIT版を入れようとしたら最新版の20.04LTSを入れようとしたら、インストールできない状態がしばらく続いたので、まもなくサポートが終りそうな20.10の古いバージョンをインストールしたら何とかなったことを書きました。

 実はその後、サポートが終りそうなUbuntu MATEの20.10から20.04LTSへのアップグレードにも成功しました。

 自動的に20.10のインストールに成功するとアップグレードするか?を聞いてきますのでアップグレードすることは手順に従えばそれほど難しいことではありません。

 後からターミナルを開いて半角英数文字で sudo apt-get upgrade でも20.10から20.04LTSにアップグレードも可能ではあります。

 だが、しかし・・・・アップグレードすると・・・

 異常に時間がかかるアップグレード地獄が待っていた・・・ORZ!

 アップグレードはすぐに終わると気軽な気持ちで見くびっていたら全然、作業が終わらない地獄が到来してしまいました。結局、6時間程度かかって20.04LTSへのアップグレードは成功はしましたが、こんなに時間がかかるとは!

 しかも輪をかけてラズベリーパイ3のスペックが良くないのでアップグレードに関しては時間がかかり、アップグレードが完成した際には日付が変わり、朝焼けが拝める光景に・・・

 気軽にアップグレードはすぐに終わると軽く見積もっていたら全然、終わらずして気が付くと朝帰りじゃなくて朝日が始まっていたという最悪の展開になっていました。

 Linuxのアップグレードを甘く見ると痛い目に合う

 今回、ラズベリーパイ3でアップグレード地獄を体験したのですが、実は同じような体験をLinuxのUbuntuでも自分はやらかしています。

 重くて有名になってしまったUbuntuの18.04をインストールした際に軽い気持ちで20.04LTSにアップグレードしたら朝までかかってしまい、気が付くと徹夜という地獄のような結果に知らず知らずに突入。

 しかもアップグレードしたUbuntuも前のバージョンと程度はほとんど変化がなく、無理してアップデートする恩恵はほとんど感じられないという時間泥棒に遭遇したような後悔のような気持ち。

 アップグレードは楽でせいぜい長くても30分程度で終わると思い、しかも簡単にできるというメッセージに踊らされて、実際、軽い気持ちでアップデートを始めてみたら地獄の門が勝手に開いて、気が付けば奈落の底に自分が転落していったような気持ちでした。

 前にLinuxのSSDのUbuntuをインストールして、何気なくアップデートしたらすぐに終わって使えると思ったら、地獄モードに突入してしまい、気が付くと朝という体験を今回もラズベリーパイ3でまたも味わってしまいました。

 よく考えてみるとラズベリーパイに使われているOSもLinuxなのでSSD式のノートPCとの差は全くないだけでなく、マイクロSDカードというSSDよりレスポンスが悪いメディアをOSに使っています。

 ラズベリーパイでOSのアップデートはSDカードを活用している場合、輪をかけて時間がかかるので気軽に手を出すべきではありません。

 ラズベリーパイのOSのアップグレードに関して大切なこと

 今回、失敗談のようなことを体験記として書いていますが、ラズベリーパイのOSのアップグレードは気軽な気持ちでやるべきではない、ということが分かりました。

 今、活用しているラスベリーパイ3ですがあくまで試験用というか実験用なので重要度は低いのですが、重要度の高いIoT機器を積極的に活用する場合、ラズベリーパイのOSアップデートは慎重になったほうがいいでしょう。

 ラズベリーパイのOSアップグレードの前に注意しないといけないことは

  1. OSのアップグレードには非常に時間がかかり、6時間から24時間程度の膨大な時間がかかる。
  2. マイクロSDカードを活用しているラズベリーパイの場合、輪をかけてアップグレードには時間がかかる。
  3. ラズベリーパイ4より低スペックなラズベリーパイ3やラズベリーパイゼロは余計にアップグレードに関して時間がかかる。
  4. 最悪の場合のことを想定して大事なデータがラズベリーパイのSDカードにある場合、SDカードのデータをコピーして必ずバックアップを取ること。
  5. OSのアップグレードは必ず成功するわけではなく、場合によっては失敗するということもある。例えばアップデートをして3時間位で何らかの不具合が発生して延々とアップデートが進まない本当の地獄モードが到来する可能性もある。

 ラズベリーパイOSのアップグレードに関しては無理に行う必要はありません。

 もし、OSアップグレードに関して実行したい場合は時間がかかるので余裕がある時を見計らって実行したほうが絶対にいいです。

By T・K生(新)

 ラズベリーパイやJetson Nanoに興味を持った技術者の風来坊。現在、分からないながらもIoT機器のお勉強に精を出す男。実は美術関係や写真関係の表現活動もしていて公募展で入選や表彰経験もあり。本来、行きたい大学にいけず、偉大なる作家・松本清張のように人生を軌道修正中。T・K生(新)は仮称。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です